安心して使える機能

Dropmysite 、使い勝手は至ってシンプル、それでも強力なバックアップ機能を備えたソリューションです。あらゆるWebサイトのオーナーや管理者に満足していただいてます。

Webサイト&データベースの自動バックアップ

Dropmysiteは、シンプルで、簡単に操作できるインターフェースを用意していますので、Webサイト・データベースのバックアップ設定がスムーズに行えます。Webサイトのバックアップを始めるには、FTP、SFTP、または、RSYNCの詳細を入力するだけで、日々のバックアップ取得スケジュールが設定されます。データベースのバックアップは、ホスト名、サーバーへ接続する為のデータベースのユーザー名/パスワードを設定するだけです。現在の対応しているデータベースは、MySQL(SSH トネリング機能あり・なし)、MS-SQL、MongoDB、PostgreSQLです。

1クリックで復元

いかに素早くWebサイトをリカバリできることが、ビジネス活動を継続する極めて重要なキーになります。その点を考慮して、30バックアップ バージョンから復元、ダウンロード機能を無制限で実行できるようにしています。1クリックの自動実行機能を使えば、Webサイトやデータベースをいともたやすく再作成できます。

編集済みファイルの閲覧

Webサイトのファイルに加えた変更を簡単に追跡できます。Webサイトの管理者やオーナーは、最新のリリースに含む全てのファイル変更が間違いないか、またバックアップが正常に実行されているか確認できます。さらに、必要時にはロールバックもファイル毎に実行可能な復元機能を使えば実現できます。

1クリックでダウンロード

ワンクリックで実行できるダウンロード機能でいつでも、どこからでもバックアップにアクセスできます。Webサイトのバックアップ データは、tar形式を使用してzipファイルにしますので、新サーバーへの移行が容易にできます。また、Webサイトを再作成するには、バックアップのバージョンを指定してバックアップ ファイルをダウンロードできます。データベースは、dumpファイルとしてバックアップされてます。データベースの再作成は、MySQLが理解しやすいdumpファイル形式を利用するので数分で完了します。

バックアップのスケジュール

バックアップのスケジュールは日、週、各週、または、月の単位で設定できます。さらに、 Dropmysite では、バックアップ取得開始時間はフレキシブル選択できるので、バックアップ処理が一日のピーク活動時間中に重なり、サーバーのパフォーマンスに影響を与えることがないように対応できます。バックアップ処理を開始したい正確な時間を選択するだけで、その他はシステムにお任せください。また、必要時には手動で直ちにバックアップできるオンデマンド機能も備えております。

Webサイトの動作状況モニター

Dropmysite Webサイトが正常にアップしているかを3大陸のロケーションから監視し、サーバーやネットワーク障害時にはメールで通知します。

Webサイト パフォーマンス報告

Dropmysiteは、Webサイトのレスポンスタイム(ミリ秒単位)も分析できます。世界中からのアクセスを地理的チャートにしてご覧いただくことができます。GET、POST、HEADなどのリクエストへのパフォーマンスを監視することが可能です。

Webサイト ブラックリスト モニター

Dropmysite は、安心してWebサイト運営できるように、Googleセーフブラウジングを統合しました。Googleがお客様のサイトにマルウェアやフィシングを検知し、アクセスが危険と訪問者に表示している場合、その旨をお客様に通知します。必要時には、迅速にWebサイトやデータベースのバックアップを使い復旧ができます。

Webサイトとデータベースの移行

Webサイトやデータベースの移行がシンプルにできるようにしました。Webサイト・データベースの移行元と移行先のプロファイルを登録して、移行元のプロファイルから移行先を選択して実行するだけです。

14日間の無料お試しにサインアップ

安全なバックアップ保存領域

Dropmysite は、データのバックアップ中や格納中はユーザーのデータが確実に安全であることに細心の注意を払っています。Dropmysite のデータ保護には、軍事目的でも使われるほどの信頼性の高い暗号化技術を採用しています。データの保存、送信時には、AES 256ビット暗号技術とSSL(Secure Sockets Layer)エンドポイントを使用します。全てのバックアップはアマゾン ウェブサービス(AWS) のデータセンターに保存します。AWSは、SOC1、SOC2、SOC3、ISO-27001の認証取得をして、セキュリティとデータ保護を維持する複数のシステムを導入している堅牢な管理がされています。